副作用

ビセラの副作用で危ないって!?注意点について徹底調査しました。

もえ
もえ
こんにちは。もえです。

ビセラって身体に悪かったりするのかな?

ビセラの副作用について調べました。

インスタなどでの流行で、今大注目のダイエットサプリメント、ビセラ。

飲めば痩せるっていうけど、それってなにか身体に悪いものが含まれているんじゃないの?

そのように疑いの目で見てしまう人もいると思います。

安全に飲むために気をつけることは?

ビセラが健康に及ぼす結果とは?

ビセラの副作用についてまとめましたので、ご覧ください。

ビセラの副作用は?

副作用【1】下痢になる?

ビセラの副作用は?ビセラは、腸にダイレクトに短鎖脂肪酸が届き、体内フローラも整えられます。

それにより善玉菌が増え、腸内環境が整います。

その結果、普段便秘とは無縁の人は、おなかが緩くなる可能性はあります。

しかし、今まで下痢と便秘を繰り返していたけれど、ビセラを飲むことによりそれが改善されたという口コミもあります。

このように、個人差があるようです。

基本的に、腸内環境を整えると、便秘気味の人はお通じがよくなり、下痢ぎみの人はそれが改善します。

便秘でも下痢ぎみでもないからか、おなかが緩くなった。

そのような場合もありますが、それは副作用とはまた違います。

ビセラに下痢を引き起こす成分が入っているわけではないので、腸内フローラの活性化の影響で、便通がよくなったと推測できます。

副作用【2】便秘になる?

ビセラの副作用は?ビセラは、腸内環境が整うため、むしろ便秘は解消されます。

ダイエットというより便秘解消のためにビセラを飲む人もいるくらいです。

ビセラを飲み始めてすぐお通じがよくなったという口コミもたくさん見られました。

便秘解消したい人に、ビセラは副作用どころかおすすめであるといえます。

無理やりにではなく、自然とお通じがきて、するっと出ていくようになります。

特別になにかすることなく、ビセラを飲むことくらいで、すんなりと便秘解消できますよ。

副作用【3】妊娠中に飲んで大丈夫?

ビセラの副作用は?ビセラに、妊婦さんに害となる成分は含まれていません。

しかし、念のために医師に相談してから服用してください。

また、ビセラをダイエット目的で飲みたい妊婦さんは、ダイエットの度が過ぎないように気をつけてください。

妊娠中の過度なダイエットは、母子ともに危険です。

ビセラは、ダイエットというより美容と健康目的で飲むとよいでしょう。

妊娠中はいろいろと大変で疲れることも多いでしょうが、ビセラは、疲れにくくなる体質になる効果があります。

身体のケアの一環として、ビセラを取り入れるとよいでしょう。

副作用【4】授乳中に飲んで大丈夫?

ビセラの副作用は?ビセラは授乳中に飲んでも大丈夫です。

お母さんにも赤ちゃんにも、害になる成分は含まれていません。

産後太りの解消のために、ビセラを飲む習慣をつけるのもよいでしょう。

早く体重を妊娠前に戻したいからといって、過度な食事制限等をするのはよくありませんし、ビセラで安全にダイエットしていきましょう。

しかしビセラの飲みすぎには注意してくださいね。

1日1回、着実に飲んでいきましょう。

万が一不調が出たら、すぐに医師に相談してください。

副作用【5】吐き気が出ることはない?

ビセラの副作用は?ビセラを飲んで吐き気を感じる人は、まれにいるようです。

しかし、ビセラの成分には、吐き気を催すようなものは含まれていません。

乳製品、大豆アレルギー反応か、常備薬との飲み合わせの悪さが吐き気の出た人には考えられます。

ビセラ自体の副作用ではありません。

吐き気を過度に心配する必要はありませんが、アレルギーや常備薬がある人は、必ず医師に相談してくだから服用してください。

副作用【6】体調不良になることはない?

ビセラの副作用は?ビセラで体内フローラが整えられ、腸内環境がよくなります。

腸内環境は体調に大きく影響するので、結果として体調がよくなった人が多いです。

疲れにくい、元気になったのを実感するという口コミが多く見られます。

ビセラはダイエット効果のみならず、身体の中から健康にしてくれるサプリメントなのです。

疲れやすくて困っている人にも、ビセラはおすすめといえます。

一時的に栄養ドリンクなどで元気をチャージするよりは、ビセラを続けることによって、身体の内側から少しづつ健康体になっていきませんか。

副作用【7】アレルギーが出ることはない?

ビセラの副作用は?乳製品、大豆が含まれていますので、乳製品、大豆アレルギーのある方は、必ず医師に相談してください。

ちなみに、なにかしらのアレルギーのある方で、腸内環境が整った結果アレルギー症状が緩和されるケースがあるといわれています。

アレルギー改善を目的にビセラを飲んでみたい場合は、かかりつけの医師に相談してみるとよいでしょう。

副作用【8】健康被害は出ていない?

ビセラの副作用は?ビセラは、医薬品でなく健康食品です。

そのうえ、GMP工場という、厳選された工場で生産されています。

GMP工場は徹底的な衛生管理を行う、最高ランクの安全基準を誇る工場で、徹底した品質管理を行っています。

ですので、ビセラは極めて安全な健康食品といえます。

そのビセラ自体が健康被害を出すことはありえません。

副作用【9】生理中に飲んで大丈夫?

ビセラの副作用は?ビセラは生理中に飲んでも大丈夫です。

生理前や生理中って、ダイエットしているのに体重が増えてしまうことがあって、ショックですよね。

身体を動かすのもだるいし、ずっと横になっていたい、けれどダイエットしたいからビセラをいっぱい飲んでしまおう。

もしそう思われたとしたなら、その考えはNGです。

生理中はデリケートな時期ですし、ビセラの用量を守らないと、ただでさえある腹痛が悪化する恐れがあります。

焦らず、いつもと同じ量を服用しましょう。

もちろん、何か異常があった場合は、必ず医師に相談してくださいね。

副作用【10】腹痛になることはない?

ビセラの副作用は?ビセラで腹痛になることはありません。

基本的にビセラは腹痛に悩む人の味方です。

ビセラに含まれる短鎖脂肪酸は、腸内フローラを整えてくれます。

ですので「突然の腹痛でトイレに駆け込む」といった不調がよくある人は、それが改善されるきっかけになります。

お通じがよくなるということは、下剤みたいにお腹が痛くなるんじゃ……。

そう思われる方もいるかもしれませんが、口コミを見る限り、みなさん自然と排便され、痛みを伴ったと言っている人はいませんでした。

ビセラを飲むと、自然に催してするっと出ていく感じのようです。

ビセラは下剤と違って、医薬品でなく健康食品です。

無理やり排便を促すわけではなく、ですので腹痛も起こらないのです。

副作用【11】ガスが溜まる?

ビセラの副作用は?むしろ、ガスが溜まることに悩んでいた人が、ビセラを飲むようになってすっきりしたと言っている口コミを見かけます。

ガスのせいでおなかが張るの、人にも言えなくて、つらいですよね。

それが自力で解消されるのですから、悩んでいた人はかなりストレスが減るに違いないです。

ビセラは基本的に、便秘・下痢・腹痛・ガスが溜まるなどといったおなかの不調のある人には向いているサプリメントであるといえるでしょう。

しかし、あくまで用量を守ってください。

あまりたくさん服用すると、トイレとお友達になってしまう可能性があります。

 

副作用【12】むくみが出ることはない?

ビセラの副作用は?むくみはむしろ解消されます。

ビセラを飲むことによって、顔や脚のむくみが解消されたという口コミを見かけます。

むくんでしまうの原因のひとつに「無理な食事制限ダイエット」があります。

無理なダイエットの結果、体内の水分調節に必要不可欠な栄養素が十分にとれず、それがむくみの原因となります。

ビセラは「無理な食事制限ダイエット」とは無縁のサプリメントです。

ビセラを飲むことでむくみの原因となってしまう可能性はゼロといっていいでしょう。

副作用【13】肌荒れにはならない?

ビセラの副作用は?肌荒れはむしろ解消されるケースが多いです。

腸内環境と肌荒れは密接な関係があります。

腸内で老廃物が長くとどまると、悪玉菌が増えることによって、有害物質が全体の血にめぐるようになってしまいます。

すると、その有害物質を肌から外に出そうとするため、肌荒れの原因になってしまうのです。

ですから、肌荒れに悩んでいる人が腸内環境を整えるのは大きな意味があります。

肌荒れって、洗顔フォームにこだわってみたり、皮膚科に通ってみたり……それでも解消されずに悩んでしまう人もとても多いと思います。

それが、ビセラを飲むだけで改善し、ダイエット効果や美容効果があり、健康にもいいとなれば、もういいことづくめすぎですよね。

副作用【14】体に悪い?

ビセラの副作用は?むしろ、腸内環境が整えられるので、体にいいといえます。

腸の状態は健康に大きな影響を与えます。

腸は自分で考えることができる臓器のため「第2の脳」といわれています。

身体に入ってきたものを、取り入れるべきか腸が自分で判断するのです。

そこに、ビセラで短鎖脂肪酸や体内フローラサポート菌をダイレクトに投入してあげることで、腸の動きはより活発になります。

腸には免疫細胞が集中して存在しており、腸が整えられるということは、免疫力が向上します。

それにより、免疫疾患の予防をすることができます。

そして、認知症や糖尿病をはじめとした生活習慣病、うつ病を予防することにもつながるのです。

このように、腸内環境を整えることは、体にとてもよいといえます。

ぜひ、ビセラを飲んでダイエット効果以外にもうれしい発見をしてみてくださいね。

もえ
もえ
こんなに、身体にいいサプリメントだとは思いませんでした!

ビセラを副作用なく、安全に飲むにはどうする?

ビセラを副作用なく、安全に飲むにはどうする?そもそも、ビセラに副作用はありません。

医薬品でなく健康食品だからです。

添加物とかもないの?

そう思われる人もいるでしょうが、ビセラに使われている添加物は食品添加物という、安全なものです。

過度に副作用を心配する必要はありません。

しかし、だからといって飲みすぎもよくありません。

早く結果を出したいから、1日に10粒飲んじゃおう。

そのようなことをしたら、トイレから離れられなくなるかもしれません。

ですので、ビセラの推奨されている正しい飲み方を紹介します。

ビセラを副作用なく、安全に飲むにはどうする?まずは、毎日飲むこと。

ビセラは継続が大事なサプリメントですので、1回にたくさん飲むのではなく、毎日ちゃんと続けることが大切です。

飲み忘れを防ぐために、ビセラを飲む時間を決めておきます。

朝食後や夕食後など。

習慣にしてしまうことが大事です。

しばらくは飲み忘れがないように、カレンダーや手帳にメモしておくとよいでしょう。

必ず目に入るところにビセラを置いておくのも効果的です。

1回に飲むのは、早く結果を出している人は2から4粒。

これを、3か月以上続けましょう。

えっそんなに?

そう思われたでしょうか。

ビセラは即効性がないので、長期戦になることを頭に置いておいてください。

繰り返しますが、結果を焦って1回に飲みすぎる、なんてことがないように気をつけてください。

ビセラを安全に飲むためには、焦らないことが大切です。

もえ
もえ
3か月後を楽しみに、コツコツ積み重ねるのが大切です。

ビセラの副作用まとめ

ビセラの副作用まとめビセラは医薬品でなく健康食品なので、副作用がないことがわかりました。

ビセラは基本的に、便秘・下痢・腹痛・ガスが溜まるなどといったおなかの不調を整えてくれます。

万が一吐き気を感じた場合は、アレルギーや常備薬との飲み合わせを疑ってみてください。

もしも飲んでいて不調を感じたり、乳酸菌・大豆アレルギーがある、生理中や妊娠中や授乳中のため不安を感じるといった場合は、必ず医師に相談しましょう。

しかし、基本的に過度に心配する必要はありません。

ビセラは妊婦さんや授乳中の方の体調・体重管理の強い味方になってくれるでしょう。

また、むくみにも効果がありますし、肌荒れにも効いてきます。

健康被害が出ることはありえませんし、腸内環境を整えるため、とても健康にもよいです。

安全に飲むために気をつけることは、きちんと用量を守ること。

どんなに身体に優しいサプリメントといっても、1日にがぶがぶ飲んでしまうと、おなかが緩くなりすぎてしまうなどといった不調が出る可能性があります。

ビセラは、とにかく継続が大事です。

安全に飲むためには、毎日飲むこと、長く飲み続けることです。

焦らずじっくり、身体をいたわりながら、ダイエットしていきましょう。

もえ
もえ
健康的にダイエットできるというのは、とっても大事なことですよね。